小学校4年生 子どもとおでかけレビュー

【富士山旅行】ちょろっと富士登山(吉田口)

投稿日:2022年9月13日 更新日:

山中湖のホテルを後にし、富士登山をする前に忍野八海観光をしてから吉田口に向かったんですが、それは後ほど書くとして・・・。

ここではちょろっと富士登山のレポートだけまとめます~。

マイカー規制で吉田口にバスで向かう

いろいろと段取りを失敗した今回の富士山旅行ですが、まず一番がここですよ。富士山旅行に行く日程を9月にするべきでした。

と言うのも、夏場は富士山5合目までマイカーで行けないんですよ。すっかり忘れてたんです^^;;

2022年で言うと、7月15日~8月31日までマイカー規制があり、富士スバルライン(料金所~富士スバルライン五合目)は専用バスでしか行けないようになってるんですね。

我々は頂上を目指すとか山小屋に行くとかじゃ無かったんだから、9月に行っても良かったんですよね。気づきませんでした。

おかげで富士山パーキング(1000円)からバスに乗り換えて5合目まで行くようになります。頻繁に運行してるとはいえ、バスは面倒ですね。

しかも料金もお高いんです。

大人2100円、子ども1050円。あれ?もっと高かった気がするんだけど・・・!?(親子で4450円という記録もあるが、どうだったんだ!?)

と言うことで、お高いバスに45分間乗って、富士山吉田口へ目指します!

ちなみにバスは満車。補助席まで出てました^^;;

はい!五合目到着~。富士山の頂上もはっきり見えます♪

が、ほんの一瞬で雲がモクモクと出てくる。

この日はこんな事の繰り返しでした。午前中の方が雲が無いことが多いみたい。やはり朝一が良かったんだな~。(ここでも失敗)

気を取り直して、出発です~

本日はプチ登山と言うことで、赤丸部分まで登りますよ~。

出発~

登山道入り口に入るとすぐ1kmぐらいの緩い下り坂が続いています。

余裕余裕♪

景色もとっても良い。雲が下に見えます~

ここから登っていきます。

木が斜めってるんですよ。なんだか幻想的な風景です。

ドリンク休憩~。また雲が出てきちゃいました。涙

ひたすら歩きます。

ここは結構キツかった。子ども達も頑張ったよ。

このトンネルを潜るとすぐですね。

はい!六合目到着~。

6合目

11時40分に登りだして、12時20分に到着したので、約40分ですね。写真撮影したり休憩したりのんびりゆっくり来たので40分かかったけど、普通だと30分弱で着いちゃいます。

吉田口の5合目~6合目は比較的緩やかで景色も良くて、プチ登山にはオススメですよ♪♪

しか~し、辺りは雲で覆われていて頂上がまったく見えず^^;;

30分ぐらい待ったけど、雲が晴れる様子もない。涙

待っててもいつ霧が晴れるか分からないので、仕方なく下山することにしました。

下山後、ちょっとだけ腹ごしらえをして・・・。

今度は馬に乗ってまたまた富士登山です^^

乗馬で富士登山

吉田口には登山客用にウマが居るんですよ。コレは昔から気になってたんだけど一度も乗ったことはなかったの。

でも娘がどうしても乗りたいと言うので、良い経験でもあるし思い切って乗ることにしましたよ。

料金は2000円で、ほんの10分ぐらいの距離を往復するだけです^^;;

おばちゃんは片道15分ぐらいと言ってたのに、往復で10分だったという・・・。中国人!?でしたよ。ここでも中国企業が商売してるんですね~。

では出発です~。

ニコニコの娘。

でも、このお兄さんめちゃくちゃ歩くの早いんですよ。私は小走りで着いてく感じ。

ほんと必死で着いて行きましたよ。これじゃ早いわけだわ。

あっという間にUターン場所です。

帰りもとにかく早い!!

普通はもう少し景色見ながら乗馬を楽しみたいんじゃないかしら!?

そんなこんなであっという間の乗馬で富士登山体験だったけど、娘はとても楽しかったみたいで、やらせてあげて良かった。

しか~し、大人は納得いかず。そもそもお兄さん達はお客を待ってる間もテーブルに突っ伏して寝てるし、客引きおばさんおじさんは凄いまくし立てるし、ウマ引きお兄さん達は無言でサービス精神が全くないし、やはり日本企業とはひと味違いますね。海外で体験やってる気分でした^^;;

まあ娘が楽しかったのだから良いんですけどね^^(もう二度とごめんです)

今回は軽い登山だったけど、いつかは親子で山頂まで目指したい!!

登山好きになってくれたらいいな♪♪

と言うことで、次回は最後のレポートになります~。

富士山旅行レポート

山梨旅行レポート

樹海ウォークレポート

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

-小学校4年生, 子どもとおでかけレビュー

Copyright© 暮らしの美 , 2022 All Rights Reserved.