40代高齢出産体験記

【切迫流産体験記】切迫流産で緊急入院!絨毛膜化血腫だった

投稿日:2012年7月14日 更新日:

妊娠4ヵ月も終わろうとする最終週まで順調そのものだったのに、突如切迫流産で入院になってしまいました(涙)

特に激しい運動もしてないし思い当たることはまったくないんだけど、夜中に突然出血し、腹痛とお腹の張りで深夜に病院に駆け付けたら、そのまま入院・・・。

診察では、出血そのものは多くなかったんだけど、子宮に血が3センチぐらいの厚さでたまってるようで、絨毛膜下血腫とのこと。

【切迫流産体験記】絨毛膜化血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)とは?

ところで今回切迫流産を引き起こした絨毛膜化血腫とは何なのか?詳しく調べてみました。 絨毛膜化血腫とは? 受精卵が子宮内膜に根を伸ばしていくときの出血。絨毛膜と子宮内膜の間にできた血腫(血の塊)で、妊娠 ...

切迫流産でトイレ以外は安静を言い渡され、人生で初めての車椅子に乗せられて病室に運ばれました。それだけでも嫌な予感満載で、これからどうなっちゃうんだろ?流産しちゃうのかな?(>_<)と、ものすごく不安でしたね。

一緒に付き添ってくれた旦那さんは一旦帰って入院に必要な身の回りのものを持ってきてもらいました。何しろ緊急入院だったので、下着やパジャマなどまったく用意してなかったので旦那さんもてんやわんや。何がどこにあるのか、病院と自宅で何度も携帯メールでやり取りし、なんとかひと揃え持ってきてくれました^^;;

その日は土曜日だったので、特に診察も無く旦那さんが帰ってからは、病院のベットで寝ながらスマホで検索魔になりました。切迫流産や血腫で悪い結果になってしまった書き込みを多数見つけてビビってみたり、それでも無事に出産された人の書き込みを見ては勇気づけられ、心身ともにへとへとに・・・。

翌朝も、検索しまくったり、友人の奥様が産婦人科の看護師なのを思い出して、メールでアドバイスを受けたりしてたんだけど、さすがに一喜一憂することに自分自身疲れ果ててきちゃって、もうなるようにしかならないよ。と、開き直ってきました。

今私に出来ることは、ひたすら動かず安静にしていること。お腹を冷やさないこと。出された薬をちゃんと飲むこと、食事をしっかり食べて栄養をつけること。これぐらいしかないんですもんね。
考えすぎちゃうとおなかのベビちゃんも心配しちゃうだろうし。(お腹のベビちゃんは血腫もなんのその、元気マンマン?でした^^)

とにかく入院したのが金曜日の夜中だったので、詳しい主治医の診断は月曜日になってからとのことで、土日はひたすら安静に寝てるしかなかったのが現状です。

 

切迫流産体験記

1)切迫流産で緊急入院!絨毛膜化血腫だった
2)絶対安静入院生活6日間
3)切迫流産による自宅安静の注意点
4)切迫流産での入院費
5)絨毛膜化血腫の経過、安静解除とその後

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

-40代高齢出産体験記

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2020 All Rights Reserved.