40代高齢出産体験記

妊娠10ヶ月(36~39週)ママと赤ちゃんの様子

投稿日:2012年7月13日 更新日:

妊娠10ヶ月(36~39週)いよいよ臨月です。

全体の9割に近い赤ちゃんが、出産予定日の前後2週間で生まれます。準備を整え、いつもどおりリラックスして過ごしましょう。

お腹の赤ちゃんの様子

身長=約50cm、体重=約3000g

出産に向けて体をコンパクトに縮めた姿勢をとるようになり、動きが減ってきます。内臓もすべて一人前に機能し、いつでも体外生活が可能なところまで成熟しています。

お母さんの様子

子宮が下がることで、胃の使えがとれて食欲が出てきますが、最後まで体重管理をしっかりしましょう。

 

出産を間近に知らせるサイン

赤ちゃんが下がってくる、胎動が減る、おりものが増える、足のつけ根や恥骨が痛む、胃がすっきりする、お腹が張る、トイレが近いなどなど。

 

妊娠10ヶ月の注意事項

定期健診が1週間に1回になります。長時間の外出はさけ、出かける時は母子手帳と保険証などを常に携帯しましょう。

陣痛が来た時、破水した時のシュミレーションをし、夫婦でよく話し合ってください。また、退院後の準備も忘れずに。必要最低限のものを揃え、赤ちゃんの部屋もすぐ使えるようにしておきましょう。

私と赤ちゃんの妊娠10ヶ月目

10ヶ月の体調としては、疲れやすく暑い!!(真夏だったからかもしれませんが^^;;)

頻尿は相変わらずだし、むくみも少しずつ酷くなってる気がするけど、便秘だけは解消されています。

食欲は相変わらず旺盛で、腰も痛くないし、他に支障はありません。

36週の妊婦検診では・・・

赤ちゃんすくすく育ってて、2449gでした^^

エコーでは赤ちゃん大きすぎちゃって、もう何がなんだか分からないですね。

顔の前にへその緒がグルグルあって、顔が見えないって言ってたけど、私にはそれ以前の問題。先生はベテランだから分かるんでしょうけど^^;;

体重は初期から7キロ増の60kg(60.2kg)に到達してしまいました。助産師さんには、このままの体重をキープですね。と注意?を受けましたよ^^;;

前回のおりもの検査は異常なし。今回は血液検査をしました。

あと、子宮口はまだまだ開く様子はなく、硬いそうです。私は硬い方なので、なかなか開かないかもしれないですね~と。

「難産になりやすいですか?」

と、聞いたら、うーん、そうかもしれないですね。とのこと。高齢出産にはありがちなので覚悟はしてたけど、体力持つか心配です。

頻繁に張りはあるものの、37週過ぎたら動いていいとお墨付きを頂いたので、ウォーキングとか家の掃除とかガシガシ頑張ってみようと思います。あとおっぱいケアも37週過ぎたら初めてOKとのこと。

これから出産まで一週間に一度の検診。お腹の赤ちゃんに会えると思うと楽しみです^^

お会計 5160円(血液検査分)

37週妊婦検診

今回はエコーはやらずに、初のNST体験でした。

NSTとは?

NSTは「ノンストレステスト」の略。
ストレスのない状態(陣痛のない状態)で赤ちゃんが元気がどうかを検査し、お産に耐えられるかどうかを調べる方法の1つ。胎児の心拍を調べる検査なので「胎児心拍数モニタリング」とか「モニター」と言われることもあります。

いつもの診察室とは別のNST室に入り、リクライニングできる椅子に座って、お腹に2箇所センサーをつけました。1つは赤ちゃんの心拍を測るセンサーで、もう一つはお腹の張りを測るセンサーみたいです。

タオルをかけてくれカーテンを閉められるので、NSTの間は1人の空間。規則正しい赤ちゃんの心音を聞いてるとつい眠くなりますね^^;;

赤ちゃんは20分おきぐらいに寝たり起きたりしてるので、正確にモニターするために検査には最低30~40分ぐらいかかるそうだけど、私の場合赤ちゃんが元気だったみたいで「赤ちゃんが元気だからもう終わりますね!」と、20分ぐらいで終わっちゃいました。

分娩監視装置からは胎児心拍と子宮収縮を記録したグラフが出てくるんだけど、それを見た先生によると、張りは少ないですね~とのこと。

NSTが終わった後の内診で子宮口を確認したら、まったく開く様子もなく、困った感じで「硬いですね。」と。そして今回は命令口調で、「もっと運動してください」と言われちゃいました。

それと、朝起きてから指が曲がらない話をしたら、朝晩血圧を測ってくださいと言われたので測ることにしたんだけど、日中計る血圧より朝晩の血圧の方が断然高い!!
上が120ぐらいで下が70台です。ちょっとびっくり。でもまだ標準血圧の範囲なので問題ないけど、朝晩は血圧が上がるんですね~。

38週妊婦検診

今回はエコーと内診のみ。エコーでは赤ちゃんは元気に動いてました。

赤ちゃんは、2932g
私の体重増加は、+8kg

とうとう+8kgになっちゃいました。多分これから出産にかけてまだまだ増えるんだろうな。ヤバイですね。。。

あ、それで赤ちゃんの首にへその緒が1重に巻き付いてました。羊水がクッションになってるので、首がしまることは無いそうだけど、なんか心配になっちゃいます。

内診では、やっぱり子宮口はまったく開いてなくて、硬く閉ざされてるようです。私の場合、子宮口が硬いので、多分薬を使って子宮口を柔らかくする処置も行なうようになりそう。

高齢初産は予定日過ぎることも多いって聞いてるし、気長に考えた方がいいのかな?まだ予定日も過ぎて無いのに、今か今かとつい焦っちゃいます^^;;

あとね、首にへその緒が巻きついてるって聞いたついでに、

「難産になりそうで赤ちゃんが苦しそうだったらすぐに帝王切開に切替えて下さい。母体が傷ついても何でもいいんで、赤ちゃんを優先してください。」ってお願いしました。

先生も、「そうですね、年齢もあるし無理しないようにするつもりです。出来るだけ下から出せるといいんだけどね。」と言ってくれました。

赤ちゃんにストレスが無いのはやっぱり帝王切開が一番とも言ってました。そりゃそうですよね。難産だった場合、赤ちゃんも一緒に苦しいんですもんね。赤ちゃんが長いこと苦しまないように安産で生んであげられたらいいんだけど・・・。

私は出産方法にこだわりはないので、とにもかくにも赤ちゃんを無事に産んであげることに重きを置いていることを先生にアピールできて良かったです^^

39週の妊婦検診で管理入院

39週の妊婦検診で、赤ちゃんの心拍が一瞬乱れたので、様子見で管理入院になっちゃいました^^;;

結局1日で無事に退院できました^^

予定日です!満月効果なし

本日予定日です。が、まったく兆候ありません~^^;;
やっぱり満月効果はなかったですねw

でも、ここ何回か、張るときに下腹部の痛みを微妙に感じるようになったので、良い兆候だと思います。

入院決定!陣痛促進剤早まりました

臨時の検診で赤ちゃんは元気だったものの、予定日も過ぎてるし前回心拍が低下したこともあるし、私自身すごく心配していたので、先生から、「今週に入院を早めて陣痛促進剤を点滴して出産をしましょう。」と提案がありました。

昨日は念のため、血液検査、心電図、胸部と骨盤のレントゲンをとりました。もし緊急帝王切開になってもいいようにだそうです。

ラミナリア体験!!

今日は朝からラミナリアの挿入でした。
分娩室で分娩台に上がり、子宮口の入り口に機械を入れ、ラミナリアというゴボウみたいな海藻スティックを何本か入れると言う処置。

海藻スティックと一緒に消毒液ガーゼも入れて、そのガーゼからの水分などを海藻スティックが吸って、ジワジワと子宮口を広げていくらしい。

私の場合、子宮口ががっつりと固く閉ざされてるため、先生の見立てでは1本か2本入ればいい方だとのこと。

朝9時過ぎに先生に呼ばれ、分娩台に移動。ここまで来たらまな板の鯉です。もうされるがまま。機械入ります~。子宮の入り口つまみます~。はい、1本目入りました~。と説明しながら手早く入れていく先生。

あれ?思ったほど痛くない?しかも5本も入ったみたい。(先生もビックリ。)
入れた後も軽い生理痛程度しか感じず、慣れてきたら違和感すら感じなくなりました。

なーんだ。余裕じゃん♪

が、その余裕は数時間後に見事打ち砕かれることに。

15時のラミナリアの入れ替えで、5本入れても効果が薄かった(1cm強しか開かなかった上に固いまま。)ので、なんと先生は強行的に13本入れちゃいました(>_<) 今回は流石に痛かった。呻きましたよ。

陣痛促進剤、一日目失敗

今日の促進剤での誘発は失敗に終わりました。赤ちゃん、相当お腹の中がいいようで(^^;)

経過としては、

朝からラミナリア13本外す。今回は多少効いていて3cm開いたみたい。その後、子宮口をグリグリして刺激。それが痛いのなんのって。

まだまだ赤ちゃんが下がってなくて子宮口も後ろなので、何度グリグリしても赤ちゃんがいる箇所には届かず、その時点で何度も悲鳴を上げてた私。

見かねた助手の男性が、自分は指が長いからとバトンタッチ。今度は届いたみたいだけど更に激痛。分娩台から落ちそうになるぐらい身体が逃げて、何度も看護師さんに怒られた(>_<)

その後の進みがいいように膜を破る?みたいなこと言ってたけど、マジでトラウマなる程の激痛でした。ラミナリア挿入なんか目じゃないほど(^^;)

グリグリが終わり、魂の抜け果てた体を引きずり陣痛室へ戻ると、いよいよ点滴スタート。促進剤が効かない人もいるみたいだけど、私は割と早めにいい感じの張りが出てきた。

先生も、お?って感じ。

痛みは初めはそれほどなかったけど、段々と促進剤の量を増やす毎に声を出すぐらい痛くなって、間隔も短い!!これは今日赤ちゃんに会えるんじゃないか!楽しみだね。と、付き添いの旦那さんと期待してたんだけどね。

途中の内診で子宮口が3.5cmしか開いてなく、陣痛も本来の陣痛じゃないと言われ、5時前にはあえなく終了となりました(>_<)
(促進剤は一日に使用する量が決まってるため。)

促進剤を抜いたら、ほどなくして張りも痛みも綺麗に収まったので、先生の判断は正しかったんですね。

そして日を改めて本陣痛に移ります。

長くなってきたので、出産体験記は別で書きますね^^;;

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

-40代高齢出産体験記

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2020 All Rights Reserved.