アラフィフの美容 本・雑誌レビュー

美容常識の9割はウソ!?読書メモ

投稿日:

イメコンを受けてから、ちょこっと化粧をするようになった今日この頃w

そもそも昔は少しはメイクしてたんだけどね。一時期完全に、眉さえ描かない時期を経て、現在があります。なので振り出しに戻るって感じかな。

ちょこちょこブログにも書いてますが、現在は、

  • スキンケア用品は使ってない
  • 洗顔は基本しない(お風呂でお湯シャワーをあてるぐらい)
  • ちょこっと出かける時はUVクリームの上にパウダー
  • 誰かに会ったり大事なお出かけ?の時はクリアエステヴェールでツヤ感を出す(←コンサルに強くススメられてw)
  • ファンデーションをした日は、シュウウエムラのクレンジングオイルで洗顔する(オレンジの方ね!)
  • 眉とアイラインは出かける時はほぼやるようになった
  • ヘアアイロンでツヤ感を出す

こんな感じです。

こんな私ですがお肌のキメは良いみたいです。これは友人何人かに共通して言われたこと。ただ、キメは悪くないけど老化はしてるので、目の上のたるみやシミ、ほうれい線はやっぱり気になる。この辺はおいおい考えていこうと思ってます。

そんな感じなのでずっと続けてきた宇都木式美容法ですが、ファンデーションをする日も増えてきたし、アイラインもするし、このまま続けるのは無理があるかな~と感じたんですよね。

脱ファンデーション&クレンジングオイル、そして基礎化粧品よ、さらば!宇津木流スキンケア試してみようかと。

突然ですが脱ファンデーションしました!! ファンデーションどころか、化粧水や美容液もやめ、ファンデーションを塗らないのでクレンジングも必要なし。 1週間以上が経った状態ですが、特にトラブルなく元気な肌 ...

で、どうしようか迷っていたら、また新たに同じような本を手に取ってしまいました^^;;

美容常識の9割はウソです。

著者は女性で国立病院機構東京医療センター形成外科医長の落合博子さん。

「コラーゲンはお肌をプルプルにする」「日焼け止めのSPF値は高いほど効く」「シャンプーなどに入っている界面活性剤は危険」「お風呂のあとの化粧水は必須」……。これらはすべて、真っ赤なウソだと著者は語ります。本書では、約30年に渡って、多くの患者の肌の悩みを解決してきた再生医療のプロフェッショナルが、これまで語られてきた美容常識のウソを暴き、科学的エビデンスのある「究極×最強のスキンケア法」を紹介します。

これまで私のブログを読んでくれてる人だった分かると思うけど、私は科学的エビデンス大好きなんです。とにかく疑問に思うことはとことん調べちゃう。特に医療に関することは健康に直結するので、あらゆる情報を集めちゃうんです。(そしてどっと疲れる)

なので今回も、その一環で読んでみた本です。

基本的に以前読んで実践してる宇都木先生の「「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―」に書かれてることと同じ感じでした。科学的に考えて美容成分が皮膚の奥深くまで浸透することは不可能ということ。これが基本にあるので、いくら高級な美容液を付けても意味はないということ。むしろ化粧水をジャバジャバ使うことは角質層の機能を弱めてしまうリスクがある。

ここまでは一緒なんだけど、落合博子さんの書かれてる書籍のよい所は、「そーは言ってもね、女性なんだからキレイになりたい。肌にとって良いものを何か塗りたい。これはもう女性の性分」みたいな心理も分かってくれてるんです。

なので、気に入ったスキンケアを一つだけでも癒やしのために使うのもありですよ!と書いてくれてます。(ただしその場合、油分が入ったクリームや美容液、オイルの方が良い)

あとずぼらな私は顔をこまめに洗わないし、最近は眉やアイラインを描いててもお湯のみで洗顔してるんです。なんならファンデーション塗ったの忘れちゃってクレンジングで落とさない時もある。でもそれでも大丈夫だって書いてくれてますww(ズボラの鏡!)

※角質には汚れを自動的に排除する機能が備わっているため

この本で何が一番大事だと言ったら、過剰な手入れはしない。けど日焼けだけは過剰なほど避けるべき。簡単に書くとこんな感じです。もっといろいろ重要なことが書いてあるけどね^^;;

ここからは自分メモです。

  • SPF15以上になると、紫外線の防御率はほとんど変わらない(SPFの数値が高いほど肌への負担は増える)
  • UVケアはどの商品を選ぶかよりも、こまめに塗ることが大切
  • 顔マッサージは逆効果
  • マッサージローラーは血流やリンパの流れが良くなるのでOKだが短時間で!
  • ターンオーバーを助ける簡単な方法は「触らないこと」
  • 乾燥が気になるときは、洗顔後にオイルやワセリン、ヒルドイド、セラミドなどの保湿剤がおすすめ
  • シリコンが悪影響という科学的根拠無し
  • 近年効き目が実証された成分「トレチノイン(レチノイン酸)」
  • いまいちばん安全な防腐剤「パラベン」
  • セラミドは補う価値のなる希有な成分。角質層に存在するのでスキンケアで補うことが出来る
  • 石けんは肌のバリア機能が壊されることはない。よく泡立てる。

美容常識の9割はウソ Amazon
美容常識の9割はウソ 楽天Books

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ




-アラフィフの美容, 本・雑誌レビュー

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2021 All Rights Reserved.