食材別効用

かぶの栄養と効用、保存方法

更新日:

カブの効用と効果、保存方法

かぶは肉質がやわらかく甘みがあるのが特徴。
まっすぐのびた葉と茎は、栄養価も高くて柔らかく、一緒に食べられるので、淡色野菜、緑黄色野菜の2つの役割を果たしています^^

かぶの成分は?

根の部分は淡色野菜、葉は緑黄色野菜に分けられるので栄養価が違います。
かぶの白い根の部分には、ビタミンCやカリウムのほか、でんぷん分解酵素のアミラーゼが含まれていますがほとんどが水分です。
それに比べ、葉の部分はビタミンA、ビタミンC、カルシウム(ほうれん草の約五倍)、鉄や食物繊維(ほうれん草と同等)など栄養的に充実しています。

かぶの効用、効果は?

便秘の改善に効果、がん予防、貧血予防、美肌効果、消化促進。

かぶの保存方法

カブの保存方法

葉を付けたままだと、根の栄養分うや水分が葉に吸い上げられてしまうため、買ってきたらまず葉を切り落とし、それぞれ分けてポリ袋に入れて冷蔵保存します。

葉はゆでてから冷蔵保存でもOK。保存は約4~5日。

カブの冷凍保存方法

葉と根を別々に冷凍保存します。

根は、くし形切りや半月切り、いちょう切りなど切り方を変えて保存しておくと便利です。

葉は、かるく塩ゆでして切り、小分けにしてラップに包んで保存袋に入れて保存します。

カブの冷凍保存の目安は約1ヶ月です。

カブのプランター菜園
プランター菜園、初めての小カブに挑戦です!

今まで苗から買って育てていたプランター菜園ですが、これからは種から育てようと思って、まずはかぶのプランター菜園に挑戦することにしました^^ カブはプランター菜園に適してる カブは白い部分だけじゃなく、 ...

続きを見る

-食材別効用

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.