本・雑誌レビュー

ぼくたちに、ものモノは必要ない。を読んで、持たない幸せを追求したい!

投稿日:

先日、ひょんなことから「ぼくたちは習慣で、出来ている」を読んで、今更ながらミニマリストの本も読んでみようと思い、さっそく読んでみましたよ。

ぼくたちは習慣で出来ている。私の習慣は・・・

ベストセラー「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -。」の著者による「ぼくたちは習慣で、出来ている」を読んでみました。 習慣ってつくづく大事だな~って。 この本を読むと、才 ...

習慣の本もそうだったけど、この本も(題材的に)何を書いたらこんなにびっしりと分厚い本が書けるんだろうと思ったんだけど(笑)、なかなか奥が深いです。物を持たずに生活することには、様々なメリットが隠されてるんですね~。

モノを持たない幸せ

物を持たない生活って、何が一番メリットかと考えたら、まず掃除がしやすくなるってことが上げられますよね。物が無いんだから掃除だって簡単。そして時間も大幅に短縮出来る。捜し物だってしなくて済むし、着ていく服も迷わなくて済む。節約にもなるしエコにもなる。

精神的なことで言えば、モノから自由になれると言うことも書かれています。あと「貪欲」からの自由とか。

他にも、人と比べなくなる(人の視線のためにあるモノを捨てる)。集中力が高まる。人との関係が良くなる(少ないモノが喧嘩を減らす)。ミニマルな友人関係も素敵!

そして大切なモノに囲まれて生活するというのは、思った以上に快適なんだな~と思いました。

必要ないモノは無くす。必要最低限のモノは自分が心底気に入ったモノを持つ。気に入ってるから見てるだけで気持ちもウキウキするし、大切にしようとするから長持ちもする。

環境問題にも優しい

先日勉強した環境問題でも、ゴミ問題が大きな課題なので、初めからモノを持たなければゴミも少なくて済むんですよね。

経済的にはアレだけど、環境的にはモノは必要最低限で良し!!

そして使わなくなったら捨てるのではなく、フリマなどで使ってもらえる人に譲る。

子どもが居るので、おもちゃなどでゴチャゴチャしてるし、文房具はなんやかんやすっきり出来ない部分もあるんだけど、まずは自分のモノからガンガン手放そうと思います。

洋服もバックも靴も、必要最低限のモノだけにしたい。どうせコロナ禍で都内に出ることも無し。飲み会もコロナが落ち着くまでは出ないつもりだし、電車に乗ることもめったにない。とすれば、洋服だって少なくていいってもんです。

時間の節約になる

これも私にとってはすごくメリットに感じること。

モノが少ないと片付ける時間も減るし、掃除も楽になるし、すっきりしてれば捜し物もしなくなるだろう。

洋服などモノを選ぶ時間も減る。これが結構時間かかるんですよね。「何を着ようかな~」って。でも組み合わせが決まってれば悩むことも無いし、あと季節ごとの衣替えなんてのもやる必要なく、クローゼットには1年分を通しての全てのモノが収まる程度にしか持たない。衣替えの時間もカットすることが出来るよ。

やっぱりミニマリストにはメリットしか無い!!

自分にとっての本当に必要なモノを側に置き、必要でないものを手放す。その意識を持ってこれから生活してみようと思います。

すぐにすっきりキレイになるとは思わないけど、意識を持てば余計なモノは買わずに済むし、本当に必要か自分に問いかける時間を作れば、ほとんどのモノは要らないものなのかなとも思う(笑)

とりあえず、少しずつ意識をすることから始めようと思います!

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - Amazon(送料無料)
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 楽天Books(送料無料)

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

-本・雑誌レビュー

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2020 All Rights Reserved.