食材別効用

みかんの美白効果!β-クリプトキサンチンで肌の光老化を防止

更新日:

みかんの美白効果って知ってました?
ビタミンCが多いとは思ってたけど、「β-クリプトキサンチン」という成分が入ってて、紫外線によって引き起こされる皮膚の損傷を防御する働きを持っており、肌の光老化を防止できることが確認されているんですって。

みかんはビタミンCが豊富

果肉がやわらかくジューシーなみかんは、ビタミンCを豊富に含んでいます。
みかん3~4個で、成人1日のビタミンC摂取の目標量を満たしてくれるそうです。

ビタミンCには抗酸化作用があり、免疫力を高めるため風邪などの感染症の予防に役立ちます。コラーゲンの生成も助けるので美肌作りにも有効。
β-カロテンよりも強いガン抑制作用があるとされるβ-クリプトキサンチンや、高血圧予防に働く注目成分へスペリジンも含んでいます。

β-クリプトキサンチン

ここで注目したいのが「β-クリプトキサンチン」という成分。
カロテノイドの一種であり、α-カロテン、β-カロテン、リコペン、ゼアキサンチン、ルテインと共に体内に存在する6種類の主要カロテノイドの1つ。
赤ピーマン、パパイヤ、柿などに含まれているが、柑橘類の中では温州みかんに多く含まれています。

β-クリプトキサンチンが多く含まれている温州みかんは、紫外線によって引き起こされる皮膚の損傷を防御する働きを持っており、肌の光老化を防止できることが確認されています。みかんは日本の伝統の果物であり、美白効果などの機能性が注目されており学会でも発表されているそうです!

+++

今年の冬のアンチエイジングには「みかん」ですね!。安上がりだし(笑)
もうそろそろ、ふるさと納税のみかんが届く予定なので、届いたらせっせと食べたいと思います。

-食材別効用

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.