スキンケア

シミ・くすみ改善に、レーザーをやる前に「ビタホワイトプラス」を飲んでみることにします!

更新日:

ビタホワイトプラス クニヒロ

秋以降にシミを取ってもらう前に、数か月飲んでみて効果を見てもいいんじゃない?とのアドバイスにより、先日薬局にいってきました。

友人曰く、シミ・そばかす、そして肝斑にはハイチオールCがおススメ。と言っていたので、ハイチオールCを探してたんだけど、隣に「ビタホワイトプラス クニヒロ」という一回り大きな瓶が置いてあるのを発見!!

ん?成分は同じような感じだぞ?しかも安いじゃないか!!

薬局の登録販売員もおススメ!

登録販売員を捕まえて、二つの違いやどちらがおススメか聞いてみたところ、

「内容はほぼ同じで、ビタホワイトプラス「クニヒロ」の方がビタミンCが多いので、こちらの方がおススメです。」

と、きっぱり言われました。

ハイチオールCとビタホワイトプラスの成分比較

商品名 ハイチオールC ビタホワイトプラス
 価格 1767円 810円
アスコンビン酸
(ビタミンC)
500mg 600mg
L-システイン 240mg 240mg
ビタミンE -
ビタミンB2 - 50mg
パントテン酸カルシウム 24mg 12mg
楽天市場で見る 楽天市場一覧 楽天市場一覧
Amazonで見る Amazon一覧 Amazon一覧

分かりやすく表を作ってみましたよ!

この表を見てもわかる通り、成分はほとんど変わらないのに価格が2倍近く違います。広告宣伝費ってすごいんですね^^;;

この価格で医薬品としてのアスコンビン酸(ビタミンC)やLシステインが摂れるんだから素晴らしいです。

知らなかったら真っ直ぐにハイチオールCに手が伸びていたけど、隣に置いて比較してくれていて良かった。この価格帯だったら気軽に飲み続けられるしありがたい。

ネットやドラッグストアでの価格は様々ですが、だいたい1000円前後で買えると思います。ネットだとまとめ買いでお得になりますね^^

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の効能・効果

  • 次の症状の緩和
    しみ、そばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着
  • 次の場合の出血予防
    歯茎からの出血、鼻出血
  • 次の場合のビタミンCの補給
    肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

※成分に関する注意
尿検査など検査値に影響を与えることがあります。治療を受ける際は「ビタミンCを含有する製剤を服用している」と医師に伝えること。また、尿が黄色くなることがあるが、ビタミンBによるものなので心配なし。

数か月飲んで効果を見てみようと思います

1日3回、食後に2錠ずつ飲むのは面倒だけど、毎食後に食べるマスクも食べてるし、ビタホワイトプラスも習慣づけよう。

これでシミやくすみが緩和されたら安いもんです。

また途中経過レポートします♪

 

 

-スキンケア

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.