更年期の健康管理

胃カメラ、脳のMRIで新たな持病が発覚!

投稿日:2017年6月29日 更新日:

5月に入って突如体調不良になり、約1ヶ月も続いた微熱。
その間も、食道や胃の付近の不快感や、右側の後頭部の痛みなどが続き、不安な日々を過ごしてました。

一連の謎の熱。本当に風邪なのか?かくれ脱水症状!?自律神経!?

またもや具合が悪く寝込んでました。記録として書こうと思います。 まだ完治してないし、何か大きな病気が隠れてる!?なんて不安な面もありますが、もう気にしません!! 首の凝り?とむくみ 5月13日からずっ ...

続きを見る

初めはアレコレ病気の可能性を考えてたんだけど、いい加減不調にも飽き飽きしていて、一切考えるのを止めた頃からか、だんだん調子が良くなってきたんです。

もしかしたら季節のせいかもしませんね。。周りの友人も5月は毎年具合が悪くなってる気がする・・・と話してましたし。6月入って2周目ぐらいからは微熱もなくなりすっきり爽やか(笑)

予約していた検診をこなすうちに、徐々に気持ちも落ち着いてきたのかもしれません。

胃カメラは麻酔で眠りながら・・・

2年前と同じところで、麻酔で眠りながらの胃カメラでした。ほんとコレ楽です。何にもストレスなし!!

眠ったままで胃カメラ終了!静脈注射で記憶なし。

ポリープ持ちの私は、2年に1度は胃カメラした方がいいと進められてました。 でも胃カメラってものすごく辛いんですよね。 以前3回やった胃カメラでは、カメラを入れた瞬間からずっと「おぇ~!!」と吐いてる状 ...

続きを見る

9個あったポリープは、特に問題なくそのまま。このポリープは良性のポリープなので気にしなくていいです。って感じで言われました。同じことを前回も言われたし、前々回の他の病院での地獄の胃カメラの時も同じだったので、気にしなくてもいいのでしょう。

逆流性食道炎でした

飲みこむときの異物感として気になってた食道ですが、やっぱり「逆流性食道炎」でした。

これは治る物ではないので、うまく付き合って行くしかないとのこと。

ちょうど近所のクリニックで、胃酸過多の薬をもらっていたので、胃の調子が悪い時は、それを飲んだりしてコントロールするしかないそうです^^;;

次回の胃カメラは2.3年後。また同じクリニックでお願いしようと思っています。

初めての脳MRI

私、若干の閉所恐怖症なんです。だからとても不安だったMRI。イメージとしては、暗いカプセルみたいなところに入って、大きな音がゴンゴンと聞こえて・・・なんて考えるだけで、絶対無理です。

が、実際は最新型のMRIで、大きくて圧迫感もなかったし、筒状になっていて体がすっぽり入るわけじゃないので、思ったほどは怖くありませんでした。(けど、やっぱり終わるまで心臓ドキドキでした)

音はやっぱり煩かったけどね。でも耐えられないぐらいではないので大丈夫ですよ^^

年に1.2人ぐらいはそれでもダメってなるみたいです。そういう人は、小さい頃にロッカーに閉じ込められたとか、トラウマを抱えている人だそうです(考えるだけで怖い)

さて、初めて行った脳のMRIで病気が発覚しました^^;;

右側蓄膿症だった

先生と一緒に撮った画像を見ていたら、右側に白いもやっとした影が広がってるんです。なんだろ?と思ってたら、この白い影は蓄膿症なんだそうです。場所的には頬の下ぐらいだそう。

初めて診断されたのでびっくり仰天。でも、このぐらいだったら特に治療の必要もなく、そのままでも大丈夫だよ~と言われました。息苦しい時があるのはコレのせい!?

落ち着いたら耳鼻科に行ってこようと思います^^;;

残るは人間ドックと、乳がん・子宮がん検診

そんな感じで順調に検査は進んでいます。(持病も見つかってます^^;;)

マンモもやったので、マンモの結果と触診をやること。あと子宮がん検診、そして扶養になって初めてのパパさんの会社の人間ドックです。

人間ドックでは、一般の検診の他に、エコー検査や肺活量検査などがあるので、これもドキドキですよー。

これ以上持病が見つからず、何語もなければいいな^^;;

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-更年期の健康管理

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.