老後資金を貯める

「外国株式インデックスe」積立投資、6年間の評価。年利13.4%!

更新日:

自分年金作りとして、iDeCoイデコ(個人型確定拠出年金)を始める前に、現在の資産状況を棚卸している最中です。

まずは楽天証券で積立している「外国株式インデックスe(旧 CMAM外国株式インデックスe)」の現在の状況を確認してみました。完全に自分メモですが、興味のある方は参考にしていただければ^^;;

外国株式インデックスeとは?

日本を除く世界主要国の株式の代表的な指数である「MSCIコクサイ指数(円ベース)」に連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。

地域別構成比では米国が全体の約6割を占め、具体的な銘柄を見るとアップル、マイクロソフト、エクソンモービルなど、米国の代表的な企業が組入上位に名を連ねています。

米国株の上昇とコスト効率の良さが好成績に結び付いていますが、米国株市場の影響力が大きいため、バランスが偏っているのが難点ではありますね。

信託報酬 0.54%で出遅れ感

私がこのファンドに積立開始した2011年当初は、業界最低レベルの低コスト先進国株式インデックスファンドとしておススメされていました。

が、ほっといている間に、周りの後発インデックスファンドの低コスト化に後れを取り、今では続けるのが微妙となってきました。

このファンドと同じに「MSCIコクサイ指数(円ベース)」に連動した投資成果を目指すインデックスファンドで、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」なら、信託報酬0.23%なので、こちらに乗り換え予定です。

iDeCoイデコ(個人型確定拠出年金)でも購入できる!

ちなみに、ニッセイ外国株式インデックスファンドはSBI証券でイデコでも買えるので、イデコで買おうかな~と思ってます。(あ、でもまだどこの証券会社でやるか決めてない^^;;)

ちなみに、SBI証券のイデコ投資信託ランキングでも堂々の1位ですね♪

6年間積み立てた結果、トータルリターン47%

2010年の4月設定の投資信託ですが、私が積立スタートしたのは2011年の9月。現在も積立してるので6年間弱(5年7か月)積立てた成績がコチラ。

外国株式インデックスe

2015年に一部利益確定のため解約しているので、現在の評価損益とトータルリターンの金額が違います。

トータルだと6年弱積立して、原資が67万円。トータルリターンが+319,929円となっています。

トータルリターン率47%です。

トータルリターン(%)=(時価評価額+受取分配金合計-投資金額)÷投資金額×100

複利年率は、13.4%

銀行の利息が0.1以下の中、なかなかの成績です。コツコツ積立しておいて良かった。

ここ最近評価額が上がってる感じなので、来週にでも解約して利益確定しようかな!?

この投信積立は楽天証券で行っています!
楽天ヘビーユーザーとしては、ポイントがもらえるので嬉しいです♪

-老後資金を貯める

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.