子育ておすすめ本

【読書感想】どならない子育ては練習が大事!

投稿日:2016年2月11日 更新日:

ペアトレ講習最後に、習ったことを忘れないように、この本を読んでおくといいよ!とすすめられて買った本が、どならない子育てです。

この本は、保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 とセットで読むといいかもと思いました。

関連記事
【読書感想】叱らなくていい子育てを読んで、大人も自己肯定感を高めないといけないな

保育士おとーちゃんの本でなぜ叱るのがいけないのか、叱る育児はどうなるのか、現場の話なども書いてあるので、なんとなくの全体像を知り、この本で実践的な練習をする。・・・って感じかな。

とにかく実践的に使える本なんです。練習問題が盛りだくさん!
生活全般での子どもの些細な問題行動の例がたくさん出てきて、これでもか!というほど練習問題が多い(笑)

この本はCSPのダイジェスト版的な内容になっていて、飲み込みやすく印象に残りやすいような「あるあるネタ」を入れて加工しているので科学的な根拠のあるCSPからは少し離れてしまってる箇所もあるみたいです。

もしもっと掘り下げたいという人は、「むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング」「むずかしい子を育てるコモンセンス・ペアレンティング・ワークブック(DVD付)」を読むことをおススメしています。

そしてこの本のいいところは、一貫して肩の力を抜きながら、

”怒鳴らない方がうまくいきますよ~。気が向くときにやってみませんか?”

って感じの軽いスタンスが心地いいのです。

無理に、あれはダメ、これはダメ、とやってると混乱してわけわからなくなっちゃうし、怒鳴る時もあるけど怒鳴らない時を少しでも増やそうよ!的な感じで気楽くにやっていくとプレッシャーも少なく継続できそうです^^

言葉によるコミュニケーションが出来る年齢が対象!

あと大切なことが一つ。
この本に書かれているCSPは、言葉を伝えてしつけしていく方法なので、言葉によるコミュニケーションが出来る年齢が対象です。だいたい3歳以上が対象みたいです。

本の内容的には、下記項目が重点的に書かれています。

・わかりやすいコミュニケーション
・良い結果・悪い結果
・効果的な褒め方
・予防的教育法

各項目ごとの説明と実践練習問題が多数です。
我が家は手元に置いて、家族中で何度も読み返し、シュミレーション&練習、そして実践を繰り返していこうと思います^^

ちなみに、思春期編もあるんですよね。
こちらは、娘が思春期になったらお世話になろうかな。(難しく育たないで欲しいけど汗)

どならない子育て

ペアトレ&どならない子育て講座まとめ

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

-子育ておすすめ本

Copyright© アラフォーの美 ~高齢ママ育児編~ , 2017 AllRights Reserved.